手軽さが人気

ビジネスの世界においては知識の周知や理解を深めるための手段としてしばしば各種セミナーを開催していますが、実施にあたっては日時の設定や会場の確保といった物理的な課題をクリアする必要があります。 たとえば社内セミナーであれば、忙しい業務の合間をぬって社員が集まりやすいようにスケジュールを調整しなければなりません。また一般向けのセミナーであればできるだけ多くの参加者に来てもらうため、規模や交通アクセスの良さなどを考慮して会場探しを行う必要があります。 一方、近年ではこうした課題をテクノロジーの力によって解決できるセミナーの開催形式が普及しつつあります。それが、今後注目を集めると予測されているオンラインセミナーです。

オンラインセミナーは、その名の通りオンライン上で開催されるセミナーのことです。通常はインターネット回線を通じて映像や音声を配信し、研修や新商品・新サービスの説明等に利用します。 オンラインセミナーのメリットは、場所の制約なしに多くの人に情報が伝達できることです。参加者はセミナーが開催される時間にパソコンの前に座っているだけで受講することができます。携帯情報端末に配信すれば移動中の受講も可能です。また、原則として参加人数の制限を設ける必要がないため、より広い層に向けて情報を発信することができます。 オンラインセミナーには既存の動画配信サイト等をそのまま利用する方法と、専用のサイトを構築する方法との2種類があります。後者の場合はシステムが円滑に運用できるよう注意する必要があるため、オンラインセミナー専門のサービス業者等に設計を依頼するのが一般的です。